平成27年度 自由同和会幹部研修会 国土交通省・法務省・厚生労働省・文部科学省 定期要請行動を実施

平成27年度 自由同和会幹部研修会
国土交通省・法務省・厚生労働省・文部科学省

定期要請行動を実施

自由同和会中央本部では、平成27年11月19日(木)、中央省庁要請行動並びに幹部研修会を開催し、京都府本部からも10名が参加しました。

各省庁への要請行動では、国土交通省(上田藤兵衞会長、森山浩司副会長、山口勝広事務局長)、法務省(叶俊一副会長)、厚生労働省(徳永一幸副会長、徳永佑介事務局次長)、文部科学省(小山大輔事務局次長・浅田大介青年部副部長)らが参加しました。

国土交通省では、上田会長が担当責任者として要請をおこない、省内外の職員に対する研修体制や、「障害者差別解消法」が来年4月から実施される事から、バリアフリーを一層促進し障害者や高齢者と共生できるノーマライゼイションを達成するよう要望されました。

一方、幹部研修会では、「自由民主党」本部8階大ホールにて開催し、昭和40年に同和対策審議会答申が出されてから50年の節目を迎え、「今や同和問題は完全に解決の過程にある」と現状を分析しているものの、解決した問題、未解決な問題、今後予想される問題等について整理するためにシンポジウムが開催致しました。

(シンポジウム)

テーマ 「『同対法』施行50年を目前にして、解決した問題、未解決な問題、

今後予想される問題は」

パネリスト    関西大学社会学部教授    石元 清英

〃        京都産業大学文化学部教授  灘本 昌久

コーディネーター 自由同和会中央本部事務局長 平河 秀樹

関連記事一覧